回線速度のアップだけでは
ストレス解消は望めません

PCが遅く感じる、ファイルのダウンロードに時間がかかるなど、作業中にイライラすることはないでしょうか?
ネットワークの速度がこのストレスの原因となる場合がほとんどです。
しかし、単に遅いといっても、原因は多岐にわたります。PCはもちろんですが、ネットワーク上に存在する機器、ケーブル、ケーブルコネクタなども大きく関りがあります。
速度に影響するボトルネックを特定して的確に対処することが必要です。
どこから手を付けていいかお悩みのお客様に弊社では、その原因の特定から機器のご提案、回線の選択までお客様の環境にあった改善策をご提示させていただきます。

回線速度のアップだけではストレス解消は望めません

考えられる速度低下の原因

有線LAN

社内に張り巡らされたケーブル有線LAN関連機器に一部でも高速通信非対応があれば速度が低下します。新しい対応部品、機器への変更が必要

無線LAN

PCだけでなく社員スマートホンが接続されている場合は、高性能法人用無線APへの更改の検討が必要

ネット回線

ネット回線がギガビット対応回線なのか、IPv4の場合、IPv62.5G/5G/10G回線へ変更が必要

PC

PCのメモリー不足は速度低下の大きな原因となります。
Windows10以上を使用中で4GBメモリーであれば、メモリー増設をお勧めします。
HDDモデルであればSSDモデル採用を検討する必要があります。

原因を特定して適切な対応をすることで、
ストレスない業務環境が実現します。
お気軽にお問合せください。

詳しくはお問い合わせください

新着情報

新着情報一覧

2024/05/15
施工事例ウィンロジスティクス様
2024/05/15
お知らせSophosでわが社のお客様が紹介されました
2024/03/12
お知らせSOPHOSで当社が紹介されました
2023/12/20
施工事例セキュリティレベルを向上させ、最善のIT環境に

お気軽にお問い合わせください
快適で夢のある情報空間を創造・提供します。