バックアップ環境

バックアップ環境

バックアップ環境とは

バックアップとは、万が一のデータ消失(人的ミスによるデータ上書き・ハード故障によるデータ消失・ウィルス感染など)に備え、会社の資産である情報を復旧(復元)し通常業務を行えるよう会社の仕組みとして環境を整えることをいいます。

データの取扱い方によってバックアップ環境の構築方法が変わります。

一般的にサーバー(クラウドを含む)を利用したバックアップシステムが考えられますが、個々のPCに重要なデータがある場合、そのPCのバックアップも考慮して構築する必要があります。
管理・運用面、コスト面を考え、自社にあった環境を構築しましょう。

ご注意いただく点

よく外付けのハードディスク(NAS含む)をデータ保存もしくは共有作業場として利用されるケースがございますが、ハードディスク(NAS含む)はサーバーと比べて耐久性が劣ります。
外付けハードディスクやNASをご利用される場合は、さらに別の記憶媒体へバックアップを取ることをオススメいたします。

バックアップ環境例

①個々のパソコンの中(メールデータ等)も丸々サーバーへバックアップ
②サーバー集中管理(共有作業場)
 →ミラーリング →シャドウコピー
③サーバー内データを外部媒体(NAS等)へバックアップ
※最近はクラウドサーバーを利用する場合もあります。

上記のような環境があればますますご安心です。