アイネット新人奮闘記 効率良く働くためのPDCAサイクルって??

2019/06/13

こんにちは!カナです!

 

6月も半ばに入り、梅雨の時期がやってきましたね。

雨が降っていると外出するのが面倒になってしまいますが、

お家で読書してみるのも良いですよね。

 

社会人になるとどうしても本を読む機会が減ってしまいがちですが、

弊社では定期的に「勉強会」を行なっています。

 

新聞の記事や本を読んで、お互い意見を言い合う会です。

 

先週末、勉強会を行ったのですが、中でも面白い記事があったのでご紹介したいと思います。

 

みなさん「PDCA」はご存知ですよね?

Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Act(改善)の略で、

この4段階を螺旋状につなげ、そのサイクルを1周ごとに向上させ、継続的な業務改善を行うということですが、

 

それをさらに効率良く、8段階に分けた「高速PDCA」という考え方があるそうです。

 

①大きな目標を立てる(週、月単位など)

②小さな目標を立てる(1日が原則)

③目標達成に有効な方法をリストアップする

④期間を決めて、すべての方法を同時に試していく

⑤毎日、目標と結果の違いを検証する

⑥検証をもとに、毎日改善する

⑦一番すぐれた方法を明らかにする

⑧一番すぐれた方法を磨き上げる



実際にこの8段階の高速PDCAを生み出した企業は、今誰もが耳にしたことある大企業へと成長を遂げています。

 

私も早く正しい仕事の進め方を吸収するためにも、

大きな目標・小さな目標を立て改善し、成長していきたいと思います!!

 

みなさんもよければ是非参考にしてみて下さい。