特集 Special

セキュリティ対策 UTM

近年、インターネットのブラックマーケットで、個人情報・企業情報の売り買い(ビジネス)の仕組みが確立され、一昔の破壊行為を目的としたウィルスではなく、情報収集や直接お金を奪い取る不正送金を目的とした『マルウェアを利用した攻撃』が主流になっており、多様な方法で悪意のあるプログラムを使い、企業への攻撃を行っています。
その手口は巧妙化され、存在する脅威も日々刻々と変化し生み出されています。多くの企業がインターネットブロードバンド常時接続で、電子メールやインターネット利用し業務を行っていますが、 増大する情報漏えい事故や不正アクセスによる被害などからネットワークを守るためのセキュリティ対策が不可欠である。

セキュリティ対策の強化が必要な3つの理由

  • Feature 01 取引先からの信用を無くす可能性がある 情報漏えいを危惧する大手企業を中心に下請け、孫請け会社などの企業に対してセキュリティ調査を行うほど神経質になっている現在、万が一踏み台にされ取引企業に対して攻撃をされてしまった場合、取引に影響がでる可能性が十分にあります。
  • Feature 02 PC業務に支障が出る可能性がある PCによる業務、特にインターネットを活用した業務が中心になっている現代においてインターネットが使えない状態や業務サーバーにアクセスできないなどの状態に陥った場合、取引先とのやり取りや業務に支障が出てしまいます。
  • Feature 03 復旧作業に時間とお金がかかる 復旧作業に必要な技術者の出張費作業費はもちろん調査にかかる時間によっては高額な復旧作業費が必要になることもあります。
    また、復旧するまでの間、業務ができない場合人件費も無駄になってしまいます。

インターネットに潜む脅威

インターネットに潜む脅威

【マルウェア】 ※マルウェアとは悪意のあるプログラムの総称です。
WEBサイト閲覧で知らぬ間にダウンロードしてしまったり、メール経由やフィッシング詐欺など、様々且つ、巧妙な手口で企業の
ネットワークへ侵入・攻撃を行っています。

インターネットセキュリティ対策で有効なツール "UTM"

インターネットからの複合的な脅威は、「UTM」を利用し社内ネットワークに侵入させないことが重要です。インターネット出入り口にUTMを導入することでセキュリティの強化が図れます。 インターネットからの複合的な脅威は、「UTM」を利用し社内ネットワークに侵入させないことが重要です。インターネット出入り口にUTMを導入することでセキュリティの強化が図れます。

UTMとは、ファイアウォール機能をベースに【アンチウイルス】・【不正侵入防御】・【Webコンテンツフィルタリング】といった複数の
セキュリティ機能を統合的に管理しそれらセキュリティ機能が統合された機器のことです。
※設定や管理の手間の簡素化、導入の容易化、低い運用コストを実現。
※アップデート作業などのメンテナンス等も機器本体が一台のため効率的に行える利点がある。

UTMの選択基準はお客様によって様々

優先順位はお客様によって様々ですが、重要な選択基準としてどこの検索エンジを利用してサービスを提供しているのかがあります。エンジンの検知力は、毎年変動がありますが、基本的に上位のエンジンはある程度決まっています。
また、UTMによっては、1つのエンジしか利用していないメーカーや2つのエンジンを利用しているメーカーがあり、検知能力の安定性に差が生じます。

弊社では、お客様のセキュリティポリシーにそって、最適なUTMをご提供できるよう価格・機能ともに松竹梅のUTMをご用意しております。お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください! TEL:06-6535-0880 【電話受付時間:平日9時~18時】 メールでの お問い合わせはこちら
ページトップへ